婦人

美肌は食べ物から作られているのです|驚愕の真実

健康に良い成分がたっぷり

沢山の野菜とドリンク

適量を守ることが大切

青汁は健康に良いことは万人に知られています。そのため、1日に何杯も飲んでいると豊富に含まれている食物繊維のために、下痢やお腹がゆるくなったりという症状が発生することがあります。青汁は薬品ではなく、食品なので摂取量は決められていませんが、何事も控えめが良いため、1日1杯程度に抑えて摂取目安量を守るようにしてください。青汁はほとんどの食品や薬品と相性が悪いということはありませんが、いくつかの薬と一緒に飲むと不都合を及ぼす可能性があります。例えば、血液を固まりにくくするワーファリンの作用を弱くしてしまいます。透析を受けている人やカリウムの摂取制限指示を受けている人は、青汁に豊富に含まれるカリウムを排出する力が落ちているため控えた方が無難です。

原材料による効果の違い

青汁は食物繊維やミネラルが豊富で野菜不足の解消に効果的ですが、使われている原材料によって期待できる効果に違いがあります。現在青汁によく使われている原材料には、ケールと大麦若葉と明日葉があります。青汁といえばケールと言われていたように、ケールは栄養価が非常に高いことが特徴です。緑黄色野菜の王様と呼ばれるほどの栄養分が含まれているため、野菜不足の解消には最適です。大麦若葉は、栄養分の濃度こそケールに劣りますが、その分飲みやすい特徴があります。活性酸素を無毒化する酵素が多く含まれていることも特徴のひとつです。近年販売数が伸びている明日葉は、強い生命力を持った植物です。カルコンが含まれているのが大きな特徴で、胃腸を整える役割が特に強いことが特徴です。